TOP

すすきの・札幌の高収入求人をみてキャバクラで実際に働いた体験談をご紹介します。

元パチスロ依存のキャバ嬢です

正直に言うと私は借金を返済するためにキャバクラでお仕事を始めました。以前は昼間に札幌市内で接客業をやっていたんですけど、お休みの日になるとパチスロ店に入り浸ってました。20歳のときに友達に誘われて初めてパチスロを打って、ビギナーズラックって不思議とあるんですよね、連チャンしまくって10万円くらい増えたんです。そのときからハマってしまって、朝からパチスロ屋に並んで閉店まで打つみたいな生活でした。バイト代もつぎ込むほどに。就職してからも生活に必要なお金以外はパチスロに使うくらいのギャンブル依存症みたいになってました。そんな都合良くずっと勝ち続けることなんてできるわけが無く、徐々に生活費にも手をつけ、それでもどうにもならず手を出したのは消費者金融。こうなるともうヤバイです。借金を返すために借金してパチスロを打っちゃうんですから。友達にはよく言われましたよ「なんでお金が無いのにパチスロを打ちに行くの?」って。違うんですよね、お金が無いからパチスロで増やすしか無いって心境だったんです。5万円の返済があるのに手持ちが1万円しか無い、そんな状況はザラにありました。だからパチスロに行ってたんですよね。そんな自転車操業も長続きするわけも無く、膨れ上がった借金は数社で300万円。いよいよどうにもならなくなったときに目に入ったのがキャバクラの求人。見たことも無い高収入な求人ばかり…唖然としたのを覚えてます。キャバクラ求人をすすきので探すならバニラで決まり!「今の会社より断然稼げるじゃん…」それが正直な気持ちでした。これなら借金を返済して人生をやり直せる!そう思って、すすきのにあるキャバクラ店へ求人応募の電話を掛けました。もちろんすすきののキャバクラは一般的なキャバクラと違って、少しエッチなサービスもしないといけないのは知ってました。それよりも今の生活を、人生を変えたいって言う気持ちの方が強くて、そんなことは些細な問題でしたね。当日面接を受けると「ここで働かせてください!」って言う熱意が伝わったのか、私のルックスがお店のコンセプトと合っていたからなのかは分からないですが、その日のうちに体験入店と言うものを受けることになりました。その名のとおり実際にお店で働いてお仕事を体験するというものです。「とにかくお金を稼ぎたい!」その気持ちがとても強かったですけど、目の前のお客さんを満足させることがそれに繋がるんだと言い聞かせながら誠心誠意接客をしました。体験入店が終わると私の評判がとても良かったという話を聞きました。新人とは思えないくらい献身的で積極的で良かったらしいです。店長から「キミはきっと人気が出るよ~。どうかな、良かったらうちで働いてみないかな?」と言われてすごく嬉しかったですね。返事は決まってます、秒でOKです(笑)しばらくお仕事をしてそれなりに指名をもらえるようになったところで、お昼の接客業は退職しました。それから3年が経ちましたが借金はとっくに完済、これに懲りて生活に支障が出ない程度にお休みの日にはパチスロを楽しんでます(笑)